きののぶろぐ

写真を撮ります。絵を描きます。趣味に走ります。それだけのブログです⭐イラストや写真は全て無断での転載・使用は禁止しております。
写真を撮ります。
絵を描きます。
趣味に走ります。
それだけのブログです⭐
イラストや写真は全て無断での転載・使用は禁止しております。
あと86日

あと86日

4日前から90日カウントを始めてから「どんなアニメーション作ろっかな〜」とかアレコレ考えてましたが、初めから難しいことにチャレンジするのはやめて、シンプルに「歩く」「走る」の構造を理解することから始めようと思いました。
――――――――――――――――――――――――――
いぬる(私の名前)は幼い頃から絵を描くことが好きでした。
ですが「絵そのものが好き」なのではないと気づいたのは六年くらい前、上手い人たちの絵を見て本気で心が折れそうになった時のことです。
中学生の頃から、私の周りには絵が上手い人たちが沢山いました。
私自身はどうだったのかというと、多分そんなに下手じゃなかったと思いますが美術では中の下くらいの評価をもらってました。

「アニメや漫画の絵は上手いけどデッサン力はそんなに…」って感じの評価だったんですよね。

当時は美大か専門学校に行きたいと強く思っていた私でしたが、親からも先生からも「行けても多分挫折するぜ」と言われた私は相当落ち込んでました。(今振り返ればめちゃくちゃいいこと言ってくれたと思っていますが…^^;)
「じゃあ練習すればいいじゃん」と思って絵筆を握っても、机に向かった途端気力が抜けてしまうし、苦手な背景なんて書き終えた瞬間「うわっ下手!😰」となってしまうのでさらに描く意欲を失ってしまっていたのです。
「自分は絵が下手なんだなあ…」「なんで私は絵を描いてたんだっけ…」と悩み続け、結局美大や専門学校は諦めることにし、絵とは全く関係のない道へ進むことにしました。
にも関わらず気がつくと絵筆を走らせているので、「そこまでして絵を描く理由ってなんだろう」と思い、改めて自分の気持ちと向き合うことにしたんですよね。

私は多分「表現の一つ」として絵を選んでいたんだと思います。
シンプルだけど明確な答えに行き着いて、そこからは絵を描くことに変なプレッシャーを感じることは少なくなりました。

長々と語ってしまったけど、「難しいことは考えず楽しもう!」ということが言いたかっただけです。
残り86日。
そろそろ何かしら進捗あげられるよう頑張ります⭐️
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
P.S. 記事とはま〜〜〜ったく関係ありませんが、写真はミスドのドーナツ達でございます✨
すごく美味しかったんですが…もう…沢山は食べられない年齢になってきたなァ…😭